読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はきっと旅に出る

情報に疎く、垢抜けず、光を避けて歩くタイプの人間が、旅に出てしまい、どこにでもある体験やありふれた事をわざわざ発表しているブログ。

クラクフ2日目 てきとうに散策

ポーランド

まずはバルバカンを起点に。

f:id:oniie:20160830042925j:plain

クラクフ散策開始。

f:id:oniie:20160830043154j:plain

クラクフ名物のオブヴァジャーネックというベーグル系のパンを食べながら。
めちゃめちゃ硬いです。焼く前に茹でているからだとか。

f:id:oniie:20160830045755j:plain

歩けば、アイス屋はたくさん。馬車もたくさん。銀色の男にも遭遇(笑)。

f:id:oniie:20160830044632j:plain

ヴァヴェル大聖堂と旧王宮。

f:id:oniie:20160830043421j:plain
f:id:oniie:20160830043553j:plain

クラクフのドラゴン。

f:id:oniie:20160830043834j:plain

ヴァヴェル大聖堂の近くのメシ屋でポーランド料理のスープ・ジューレックを注文。

f:id:oniie:20160830050030j:plain

あと食べきれない量のピザも。
食べきれない分は持ち帰りが可能でした。まるで配達人みたいに手にピザの容れ物を持ちながら歩く姿は正直、妙な気分でしたが、宿まで持って帰りました。
その後は、ユダヤ人が多く住んでいたというカジミエシュ地区へ。
映画「シンドラーのリスト」のロケ地にもなった場所だそうです。確かに若干雰囲気は違ったかな? シナゴーグもありました。

f:id:oniie:20160830044406j:plain

電気屋ではリヴィアのゲラルトに会いました。

f:id:oniie:20160830044917j:plain

ウィッチャー3というゲームがあります。
2015年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを総ナメした傑作で、勿論俺もファンの一人。
実はこのゲーム、ポーランドで製作されているんですよね。
メイド・オブ・ポーランドなんです。
だからなのか凄い推されていました。当然ですよね。ウィッチャー3はポーランドを代表するゲーム…の筈…ですから!

明日はアウシュヴィッツに行きます。
ホステルからツアーを申し込みました。
とうとうアウシュヴィッツにまで足を踏み入れる事態に…
実りある冒険になりそうです。