読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はきっと旅に出る

情報に疎く、垢抜けず、光を避けて歩くタイプの人間が、旅に出てしまい、どこにでもある体験やありふれた事をわざわざ発表しているブログ。

クラクフ4日目 ヴィエリチカ岩塩坑 寝台列車でプラハへ

ポーランド

クラクフ4日目。
実は滞在を1日伸ばしています。余裕をもってクラクフアウシュヴィッツ、そしてヴィエリチカを訪れるために。

ヴィエリチカへは列車で行きました。
3zt…90円弱で30分の快適な旅路。
ヴィエリチカ〇〇駅はいくつかありますが終点で降りれば間違いなし。

f:id:oniie:20160904074553j:plain


ヴィエリチカ岩塩坑
塩の採掘場だったようです。
ツーリストルートとマイナーズルートがあり、マイナーズルートは採掘の疑似体験が出来るそうで面白いかも、と思いましたが、時間の関係で不可能に近いと判断したため我々はツーリストルートを選択。
ガイド付きじゃなければ入れないため、英語のツアーを申し込みました。アウシュヴィッツに続き英語のツアー。俺みたいなカスには、ヒアリングの練習にはなりますが正確に意味をとれないので辛いです…

地下深くへ続く、長い長い階段を降りていきます。
めちゃめちゃ深くまで降りていきます。どれだけ階段を降りていっても先が見えないくらいに…

f:id:oniie:20160904074854j:plain

流石、世界遺産といった感じの洞窟を進んでいきます。

f:id:oniie:20160904075010j:plain

地底湖も。

f:id:oniie:20160904075102j:plain

ヴィエリチカ岩塩坑を観光し終わり、クラクフへ帰還。
寝台列車がくるまでの時間をゆっくり過ごしました。
お土産を探したり、中央広場のカフェでチーズケーキを食ったり、安食堂のバルでメシを済ませたり。
さらばクラクフ

f:id:oniie:20160904075206j:plain
f:id:oniie:20160904075314j:plain
f:id:oniie:20160904075428j:plain

クラクフからプラハへの寝台列車
我々は6人部屋を選択。約8,000円。

f:id:oniie:20160904075601j:plain

はっきり言って最悪に近い環境…

まずめちゃくちゃ狭い。2畳くらいしかないスペースにベッドが6台。体をナチュラルに起こす事は不可能に近い。角度的には斜め50度くらいで上にぶつかる。
次にダニ。今日、あらゆる所がかゆかった。
充電も何もできない。ただ不快なだけ。6人ぎっしりでみんな困って苦笑いしていたよ。
まあこんなもんか、と。8,000円って何気にこれまでのヨーロッパの移動を全て合わせたより高いのですが…まあ距離も距離で、路線もマイナーだしね…過ぎた事だ、致し方なし。
眠る事はできました。てか、我慢する以外にはない。我々のような貧乏旅行者にはワガママは到底叶いません。