読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はきっと旅に出る

情報に疎く、垢抜けず、光を避けて歩くタイプの人間が、旅に出てしまい、どこにでもある体験やありふれた事をわざわざ発表しているブログ。

チェスキー・クルムロフ 世界で最も美しい町の一つ

昨日のクトナー・ホラ遠征が思ったより疲れていたのか、今日は起きるのが大変でした。
13時、Student Agencyのバスに乗り、プラハからチェスキークルムロフへ。
このイエローカラーのバス、めちゃくちゃ良いです。チェコ内の移動にはこのバスをおすすめ致します。
プラハチェスキークルムロフ…7.6ユーロ
鉄道より安いのに、座席は快適、コンセント有り、無料でホットコーヒーもついてきます。
チェコで移動する際は、ぜひStudent Agencyをご利用ください。

f:id:oniie:20160905040440j:plain

チェスキークルムロフ到着。
ブディヨヴィチェ門がお出迎え。

f:id:oniie:20160905040638j:plain
f:id:oniie:20160905040927j:plain

チェスキークルムロフはミニマムな町です。
ほんとにちっちゃいです。道は狭く建物は小さくてそして可愛い。
道を逸れて進むと、開けたトコで弓の体験ができるトコも。俺はやりませんでしたが。教えてる女性の格好が…コスプレじゃないですが緑のユニフォームに裸足だったりで、エルフっぽい? って言うの? なんか凄い雰囲気でてました。

f:id:oniie:20160905041401j:plain

少ないライトに照らされたチェスキークルムロフの夜景。

f:id:oniie:20160905041832j:plain

うーん…好きだ…(笑)

今日の宿泊は、ブディヨヴィチェ門のすぐ隣というロケーションにある安宿、ホステル99。
スノーホワイトという部屋でドワーフになりきって寝ます。

f:id:oniie:20160905042248j:plain