僕はきっと旅に出る

情報に疎く、垢抜けず、光を避けて歩くタイプの人間が、旅に出てしまい、どこにでもある体験やありふれた事をわざわざ発表しているブログ。

ヴェネツィア2日目 ムラーノガラス芸術

f:id:oniie:20160914003303j:plain
f:id:oniie:20160914003433j:plain

ヴェネツィア近くのムラーノ島では、ガラス細工が名産のようです。
ムラーノ島でも、ヴェネツィア本島でも、ムラーノガラスはお土産として其処彼処で販売されています。
実用的なもの、芸術作品、それらの要素をあわせ持ったもの…
そんな中の一つに、強烈に惹かれる作品を目撃しました。

デナーリス・ターガリエンと三匹のドラゴンを象った、ムラーノガラスの作品でした。
ゲーム・オブ・スローンズという海外TVドラマ…もしくは原作小説の炎と氷の歌が元ネタです)
勿論俺はゲーム・オブ・スローンズのファンの一人。
ウィンドウにバンって目立つように飾られてて、存在感バッチリで発見できました。サイズも俺のノースフェイスのリュックくらいあります。
一般的な木の形に似ていて、デナーリスが幹、ドラゴンが枝って感じの構造で、ドラゴン火を噴いててカッコいい。
こんなん見つけちゃったら、流石に購買意欲を掻き立てられます。
それで、値段を訊いたら…425ユーロ…^^;
断念…。
代わりに「小さいドラゴンなら39ユーロであるよ」って営業されたので、そちらを買わせて頂きました。
写真は許可されてなかったので撮ってません。この出会いも思い出にしまっておきます…

f:id:oniie:20160914004327j:plain

サン・マルコ広場から、大運河(カナル・グランデ)をヴァポレットで鈍行。
乗った時はまだ明るかったのに降りる時はすっかり暗くなってしまっていました。
ローマ広場まで1時間くらいかかったのかな。