僕はきっと旅に出る

情報に疎く、垢抜けず、光を避けて歩くタイプの人間の、取り立てるものは何もない旅行記。

【島原・長崎・佐世保】支配地域 : 修学旅行の子供たち

熊本駅前のバス乗り場から熊本港行きの市バスに乗る。運賃は440円だ。manacaが使えるのが嬉しい。
熊本→島原のフェリーの運賃は780円。所要時間1時間。船内にはテレビが置かれてるが船上だからか映りが悪い。
島原港に降りて、そのまま長崎に向かっても良かったがせっかくなので島原を少しだけ歩くことに。

f:id:oniie:20180517232617j:plain
f:id:oniie:20180517232622j:plain

非常に立派なお城だが、これが一因となり有名な島原の一揆が起きたようだから業が深い。
一揆は鎮圧されて、島原の人間は大体殺されたか何だかしたらしくて、今いる島原市民はヨソから移住してきた人の子孫が多いんだと。

昼が来る前に長崎に移動。諫早という駅で乗り換えが必要だ。運賃は1600か1700かそんなとこ。
長崎には熊本と同じくトラムが走っている。運賃は均一120円と心優しい。
とはいえ俺は徒歩派だ。歩いてミナミを散策する。

f:id:oniie:20180517234655j:plain

中華街。
ご覧のように、制服を着た中学生くらいの子供たちが、エリアを埋め尽くしている。
そう、長崎市内ではどこに行っても修学旅行の中学生に出くわす! 中華街でも平和公園でも出島でもオランダ坂でもグラバー園でも孔子廟でも稲佐山でもどこでもだ!
俺は苦々しい自分の青春時代を思い出し、小汚い浮浪者になってしまった人間が、輝いている彼らを見るのは犯罪に近いような気がして、なるべく見ないように努めた。
とにかく長崎市はそういう場所だって事だ。観光資源には事欠かないし、人気の修学旅行先なのも頷ける。

が、とにかくカネを取られるエリアが多い。出島も孔子廟大浦天主堂グラバー園も…500円とか600円をお布施しなければ入場もままならない。どこもそそられるが、反骨心から俺はどれか一つだけ選ぶことにした。
グラバー園だ。

f:id:oniie:20180517235726j:plain

グラバー園から眺める長崎市内。斜面都市長崎の景色は絶景だ。
このグラバー園という施設はグラバーっていう日本の近代化に貢献した白人の家とか庭とからしい。修学旅行生が喜ぶ(?)歴史を勉強できるスポットが多数用意されていて、俺は残らずチェックした。やっぱり俺って歴史が好きなんだな。帰ったら日本史勉強しよ。

f:id:oniie:20180518000233j:plain

世界新三大夜景に認定されたって話の、稲佐山から眺める長崎の夜景。
(稲佐山のロープウェイは往復1200円だ。悔しいが、流石に徒歩で登山するほど猛者ではない)
噂に違わず絶景だ。曇っていたからか非常に幻想的な光景を見られた。
このブログのバナーにもあるように香港の夜景は眩しいくらいの光のシャワーを浴びられるが、長崎の性質は違う。星いっぱいの夜空のような、つぶつぶの光が眼前に点在する。そこがまた、いいね。

ちなみにこの稲佐山でも修学旅行生が多くて心を乱された。
俺も!10年前に戻って!人生やり直したいよー!T_T

f:id:oniie:20180518000710j:plain

長崎に来たらここも要チェックだろう。平和公園には平和関係のモニュメントでいっぱいだ。
教育者が長崎を修学旅行先に選定する際の決め手でもあるだろう。

宿で一泊したあとは、取り敢えず佐世保に向かった。運賃は1650円。
佐世保では佐世保バーガーだけを食らった。

f:id:oniie:20180518001036j:plain
f:id:oniie:20180518001041j:plain

この佐世保バーガーは駅前のホテルの中のレストランで味わえる。(小汚い旅行者にはl非常に入りにくい雰囲気だったが不思議と行けた)
この俺のヘッタクソな写真のせいで本来の迫力を誇示できているとは言い難いのが不幸なところだ。
マジでこれまでの人生で最強のハンバーガーだった。1000円というのは破格の安さである。
直径12cmはあろうかというデカさにトマトにチキンにタマゴに色々入っててとにかく美味い。これにポテトも付いてくるのだから、至れり尽くせりだ。提供時間に20分かかっただけはある。(注文時に接客係が20分以上かかりますが…と言ってくれるのが親切だ)
名古屋でこのレベルのハンバーガーにありつきたいと思ったらどこに行けばいいのか? 少なくとも1000円では手に入らないだろう。
佐世保にはレベルの高いハンバーガー屋が点在しているらしい。観光案内所で手に入れた「バーガーマップ」には26の名店が紹介されていた。
佐世保市民はこの26のハンバーガー屋で、何通りもあるメニューを全て平らげ、比較して、この店のが一番美味いとかそういう議論で盛り上がるのが可能ってわけだ。嫉妬するぜ。

名所・展海峰に行ってみようかと思ったが、バス停を見ると次に乗れるのは2時間後。展海峰までは片道43分かかるという。俺は諦めて駅に戻り、電車に乗って佐賀に向かった。運賃は1110円だ。


長崎で泊まった宿。

f:id:oniie:20180518002131j:plain

長崎駅には近いが斜め30度くらいの坂道を超える必要がある。まあ良い運動にはなる。
値段は安くない。一泊3900円だ。俺は悲鳴をあげかけたが、長崎は観光都市だからか空いている宿屋がなさすぎた。安いと思ったらドミトリー「女性用」だったりね。もう騙すなよ…
値段は高いが居心地は悪くない。フロントの人間は親切だしマップは作り込まれている。当然清潔だ。別途500円で朝食のサービスがつくが、これも美味かった。